マンション投資と比較して知るアパート投資

手軽な不動産投資として近年注目されているのが、ワンルームマンション投資です。

アパート投資と比較すると、アパートを経営する場合土地を含むアパート一棟を所有するのに対し、ワンルームマンション投資はその名の通りマンションの一室を所有します。

マンションの一室ならば1000万円以下で購入することも可能ですので、一見するとマンションの一室を所有する方が手が届きやすいような気がしますね。

しかしアパート投資の場合は収益性が重視されるので、収支計画がしっかりしているのであればローンを組んで購入することも可能です。

ですから自己資金が少ないからといってはなからアパート経営を諦める必要はないのです。

資金の問題からワンルームマンション投資をお考えの方は、ぜひアパート投資についても考えてみることをお勧めします。

アパートを経営するとなると大変そうに思われるかもしれませんが、実際は管理会社にお任せすることになると思います。

アパート経営には利点がたくさんありますので、ワンルームマンション投資と比較して良い点を見てみることにしましょう。

アパート投資とワンルームマンション投資について、将来的な資産としての価値から見てみましょう。

まずアパートを一棟所有していた場合、建物としての価値がなくなった場合でもその土地が残ります。

土地さえ残っていれば新たに建物を建てたり、土地を売ったり、自宅を建てたりなど有効利用することができますが、マンションを一室所有しているだけでは、建物の価値がなくなった場合、オーナー数で分割しただけの土地しか残りません。

この点は非常に重要で、アパート投資の大きな利点と言えますね。

次に、利回りの問題ですが、一般的にはアパート投資の方が良いとされ、利回り10%を超える物件も見られます。

これは満室である場合の割合ですが、アパートの場合空室がでてもその分の減収で済みますが、ワンルームマンション投資の場合一部屋のみが投資先となりますので、空室となると収入がなくなることになります。

要するにアパート投資の方がリスクが分散されるわけです。

そういった点では、ワンルームマンション投資より安心できるというわけですね。