アパート投資をしたいけど、管理は大変?

将来に備えた資産形成において、アパート投資は非常に優秀な方法であるといえます。

みなさんは興味があるでしょうか?

お金持ちがやるようなサイドビジネスのように思われがちな不動産投資ですが、アパート投資は自己資金がそれほど多くなくてもローンを組むことができますので一般のサラリーマンにも手の届く投資と言えます。

「でも普段会社は忙しいし、管理だってたくさんすることがあるだろうしアパートの経営なんてできるの?」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かにアパートを経営する上ではやることはたくさんあります。

まずは入居者の募集から審査、契約の手続きやクレーム、修繕工事などの対応や賃料回収と、自分だけでやるとなると非常に大変です。

ですからこうした仕事は信頼できる管理会社に委託してしまうのがベストです。

最近では家賃の5~10%程度で引き受けてくれる会社も多いので、ぜひ利用しましょう。

そうすればたとえ遠方のアパートでも問題はありませんね。

しっかりと入金の管理をしていれば良いわけですから、自分でもできるような気がしてきませんか?

アパート投資をするにあたって、アパートの管理は管理会社に委託することでこちらの負担を大幅に軽減することができます。

しかし、その他にも心配事はありますね。

たとえば火災が起きた場合などはどうなるのでしょう。

アパート投資を行うにあたって、アパートを購入した際には火災保険に加入させられます。

ですから、損害は火災保険で補填されます。

入居者にも火災保険は加入させるのが一般的ですのでそう心配は必要ないでしょう。

これからアパート投資をすることを考える方は、なるべく大きな地震が発生するという予測のない場所でアパートを購入することをお勧めします。

しかしアパート投資において最も重要なのは、空室を作らないようにすることです。

当然長い間空室が出てしまうと直接収入に響きます。

さらにいくつもの部屋が空室になってしまうと大赤字になりますね。

ですから、こうした対策を相談しやすい信頼できる管理会社に仕事を頼む必要があります。

これからアパートを購入する場合、入居率は事前にしっかり調査をしておきましょう。